ミスターアンドミズリード

あなそれのしょこたんがうざい?クッキー偽装や暴走。麗華への僻み

   

あなそれのしょこたんがうざいとの声が。

クッキー偽装や暴走の数々。

暴走の正体は麗華への僻みが原因だったんでしょうか?

感想を交えて考察してみました。

sponsored link

あなそれのしょこたんがうざい?

火曜ドラマ「あなたのことはそれほど」。

泥沼の不倫劇で注目が集まっていますね。

画像引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170614-01839938-nksports-ent.view-000

 

渡辺涼太(演:東出昌大)と渡辺美都(演:波瑠)、

有島光軌(演:鈴木伸之)と有島麗華(演:仲里依紗)の二組のカップルの行方を描いています。

 

 

その中で有島家の近くに住む中川翔子さん演じる横山 皆美(よこやまみなみ)がうざい、という声があるようですね。

 

世間の声は…

しょこたんみたいのが近所にいたら怖い

勝手に色々嗅ぎまわってうざい

しょこたんの演技が光ってた

しょこたんの怪演がサイコだった。

 

 

同じマンションに越してきた麗華と仲良くなりたくて、グイグイ距離を縮めてくる感じや、「友達」という言葉を楯にプライバシーにずかずかと踏み込んでくる感じ。

近所にいたら確かに怖いですよねw

 

 

麗華もたまにはズバっというんですけど、怒らないし優しいところもあるので皆美には伝わってないようでした…

クッキー偽装や暴走…

しょこたん演じる皆美が、麗華にクッキーをあげるシーンがありました。

手作りって言って渡したんですが、実はそれは売り物のクッキーだったんですよね。

 

 

後日、麗華が「クッキーありがとうございました、売り物みたいにおいしかったです…」と一言。

それを聞いた皆美は「気づいてたんだ、私、ヘンなとこで見栄はっちゃって…」とあっさり白状しました。

 

 

皆美といえば、

麗華が帰ってくるタイミングを見計らって声をかけたり、有島や美都の行動を見張ってわざわざ麗華に知らせたり。

マンションの近くで美都と会った時には、勤務先まで詳しく聞き出す始末。

 

他人の問題に自ら首を突っ込んでいく暴走ぶりが際立っていました。

 

 

第8話では、美都の不倫を暴露する内容のビラがマンションに撒かれたり、美都が勤める眼科の口コミにも美都の悪口が書かれていました。

第9話でそれが皆美の仕業だったことがわかりました。

sponsored link

麗華への僻み

皆美はでき婚で旦那はいやいや自分と結婚したと思っています。

普段の旦那の態度はひどく、「こいつバカだから~」などと嫁を馬鹿にした発言を平気でするモラハラ気味の夫です。

結婚生活があまりうまくいっていないことがわかります。

 

 

そこで有島家が引っ越してきて、皆美は自ら接近していきます。

不幸な結婚生活から目をそらしたかったのか、有島家の問題に介入していくようになります。

 

 

麗華が好きで仲良くなりたい、という感じだった頃はまだ可愛げがありましたが、

第九話でビラを撒いたことを麗華に話した時、

「有島さんも大変だね、浮気されてたんでしょ!?」とまくし立てたところで麗華へのコンプレックス、僻みの感情が爆発したように感じました。

 

 

復讐したことを麗華が喜んでくれるとでも思ったのか、麗華の引いている反応を見て「何よ!あの女に天罰が当たれば良いじゃない!」と逆ギレ。最後には大泣きしてしまいます。

 

 

自分が満たされていない時に他人の不幸がわかると嬉しくなる、上から目線でかわいそうだねと言い、上になったような気がする…

そういう黒い感情を抱えていた皆美でした。

自分に自信なさげな皆美だけど、その情報収集能力、行動力を他に生かせば才能が開花するんじゃないかと思いましたね…

 

 

出会いの頃から麗華は終始距離を縮めないように接していたのに、しょこたんの中ではどんどん仲良くなっていたつもりだったんでしょうか。

最後には「何よ、学級委員みたいに偉そうに正しいことしか言わないで!」と感情をぶつけるところまで行ってましたね。

この距離感でいうことか?って感じでした。

こういう人にはもっとガツンと言わないと伝わらないんでしょうね。

 

 

原作を書いたいくえみ綾さんはこういう女性の複雑な歪んだ感情を書くのがとてもうまい方で、ドラマにも生かされていて面白かったですね。

 

もうすぐ終わってしまいますが、

最後どのようにストーリーを終着させるのか気になります。

Sponsored Link

« »

 - 女優