ミスターアンドミズリード

小林麻央さんの死因とは。命日は6月22日…最後のブログ更新

   

本日、6月23日に発表があり、乳がんで闘病中だった小林麻央さんが死去されたとの報道がありました。

命日は6月22日の夜。

最後までがんと闘い、ブログ更新されていた麻央さん。

最後のブログ更新は6月20日でした。

本当に残念です。ご冥福をお祈り申し上げます。

sponsored link

小林麻央さんの死因とは。

2014年10月に乳がんの告知を受けてから闘病されていた小林麻央さん。

その闘病生活は2年8か月間に及ぶ壮絶なものでした。

 

 

2013年3月22日に第二子の勸玄君を生み、授乳期の乳がんという特殊ながんでした。

授乳期は胸が張っているのでしこりに気づきにくいそうです。

 

最初は脇のリンパ節の転移のみでしたが、

その後に肺や骨に転移があり…

 

その病状からステージ4だと報道されていました。

 

ステージ4とは以下のような状態です。

ステージⅣの状態は、がんの種類によっても異なりますが、基本的には「がんが元の病巣からはなれて、遠くの臓器にまで転移した状態」になります。

引用元:http://www.gan-info.com/135-2.html

乳がんの場合のステージ4の状態とは、

骨・肺・脳・肝臓などの臓器に転移している状態です。

 

 

こうなると他の臓器にまでがんが及んでいるので切除、が難しくなるのだそうです。

 

いわゆる末期がんです。

乳がんの末期状態では、以下のような症状がでます。

乳がんは進行すると骨に転移することが多く、痛みや骨折などがみられることがあります。

また肺に転移した場合は咳や血痰、脳に転移した場合は頭痛や吐き気など、転移した臓器によっても色々な症状が出てきます。

引用元:http://www.gan-info.com/135-2.html

 

末期がんは七転八倒するほどの痛みだと言います。

 

小林麻央さんのブログにも、痛みでブログが更新できなかったと綴られていました。

座薬を試して痛みを緩和することができた、と…

 

 

5月28日には夫の市川海老蔵さんが「がんが顎に転移した」ことを明かしており、

小林麻央さんが必死に闘っている中でもがんが進行していたことが伺えます。

 

このような乳がんの進行が小林麻央さんの死の原因でした…

sponsored link

小林麻央さん死去。命日は6月22日…最後のブログ更新

小林麻央さんは辛い闘病生活の中、2017年6月22日に死去されました。

 

 

5月29日に退院され、そこからは在宅医療に切り替えていたところでした。

 

 

最後のブログは6月20日に更新された記事で、「オレンジジュース」というタイトルでした。

お母さんがしぼってくれたオレンジジュースを飲んだ、という内容で、

口内炎の痛さよりもオレンジの甘酸っぱさが勝る最高な美味しさ!

引用元:https://ameblo.jp/maokobayashi0721/

と綴られていました。

 

抗がん剤の副作用などで口内炎が出てくるので、とてもしみるし、痛かったのだろうなと思いますね…

 

 

 

ブログにはこれまでの闘病生活、家族との絆が書かれていました。

 

 

忙しい中でも姉の小林麻耶さんが病室に来て「足をマッサージしてくれた」ことや、

隠していても娘さんに足の浮腫を気づかれてしまったこと。

大変な中でも娘や息子さんとの日々が綴られていて…

 

 

夫の市川海老蔵さんもあさイチで麻央さんとの日々を語っていました。

とても献身的に家族をサポートしている姿が多くの人の心を打ったと思います。

 

享年34歳と若くして亡くなった小林麻央さん。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。

Sponsored Link

«

 - アナウンサー