ミスターアンドミズリード

渡辺直美のニューヨーク留学中の生活が破天荒!しゃべくりで語る!

      2016/09/11

渡辺直美さんがしゃべくり007に出演しました。

渡辺直美さんは去年日本での活動を休止し、3カ月間ニューヨークに留学していましたね。

そのときの破天荒なエピソードを、「しゃべくり」出演時に語っていました。

その内容についてまとめていきます!

sponsored link

渡辺直美のニューヨーク留学生活 破天荒EPその1:家を決めずに渡米

渡辺直美 ニューヨーク 留学 生活 しゃべくり

渡辺直美さんはなんと、家を決めずにニューヨークへ飛んだそうです。
 最初は一日2万円のホテルを一週間取って家探しを開始しました。
一日2万円とは高いですね。
一週間経っても家が見つからなかったとき、ニューヨークにいた友達のその友達が一週間家を貸してくれることになりました。

その方がかなりお金持ちで6億円の絵画が飾られていたり、アクセサリーの仕事をしているのでダイヤが床に散らばっていたりしたと語っていました。
どんな家なんでしょうかね。。想像がつきませんw
 紹介してくれた友達は美容師で、その常連のお客さんがお金持ちの方だったみたいです。

その後、更に家を探していたが見つからなかったとき、居候している家のお金持ちの方に「家見つかった?」と聞かれ、まだだと答えると、
「俺も君のために家を探していたんだよ」と言われたそうです。
「後で詳しく教えてね!」と電話で渡辺直美さんがいい、家に帰ってその彼に話を聞きに行ったところ、
「そのマンションは、このマンションのことなんだけど、残り2カ月も一緒に住んでくれるかい?」
と言ってくれたそうです。
オシャレですねw 渡辺直美さんは家賃は払ったものの、自分だけだったらとても住めないようなところに滞在できたようです。

sponsored link

渡辺直美のニューヨーク留学生活 破天荒EPその2:ダンススクールで人気者に!

渡辺直美

渡辺直美さんは語学と本場のエンターテイメント修業のために留学しました。そこで、本場のダンスを学ぶためビヨンセのバックダンサーを長年務めていた人のダンススクールに通っていたそうです。
そこでは高いヒールをはいてダンスを踊るのがルールでした。
そのスクールで、渡辺直美さんは最初の頃は実力を出せず、周りからはアジア人いるなーという感じで見られ、軽く無視される程度の扱いだったそうです。
その後、生徒が一人ずつダンスを踊る機会があり、この機会に「やってやる!」との意気込みで思いっきりダンスを踊ったら、皆が「pow!!!という感じで盛り上がってくれたそうです。pow!!はなんというか盛り上がっている感じの表現みたいですw
渡辺直美さんはこの経験から最初は内気だったが、自分というものを出さないといけないなと悟ったそうです。

自分の殻を破ることができたんでしょうね。そのときのダンスを見てみたいものですw
しゃべくり007では、スタジオでパフォーマンスを披露していましたね。このときの曲はもちろんビヨンセ「Run the world (Girls)」でした。 

色んな留学生活があると思いますが、渡辺直美さんのニューヨーク留学中のエピソードはさすがに破天荒で面白かったですね。
ニューヨークでの経験を元にした渡辺直美さんの新しいコントやダンス芸を見てみたいですね!

Sponsored Link

« »

 - 芸人