ミスターアンドミズリード

日本人がK-POPアイドルになるには。その方法やメリット

      2017/07/04

当サイトには「K-POP 日本人」というワードで来てくれる方が多くいます。

2016年はTWICEがデビューし、その中に三人も日本人メンバーがいたことが話題になり、

その三人のことに興味がある方や、K-POPの世界で活躍する日本人が気になって検索されているのかもしれません。

もしかしたらK-POPのアイドルとしてデビューすることを目指している方、それ以外にも興味がある方もいるかもしれないので、

日本人がK-POPアイドルになる方法を真面目に考えてみました。

 

 

K-POPについて

twice

2016年、ついに日本人がK-POPアイドルとしてデビューしました。

TWICEのサナモモミナです。

日本人が韓国でアイドルとしてデビューしたとあって、人々の興味を引きました。

 

H.U.BのRUIも日本人です^^

関連記事→H.U.BのRUIの事務所は?日本人!メンバーのプロフィールも

 

 

TWICEの三人はSUGERのアユミのように、血筋的に特に韓国に縁があったわけではなく、K-POPアイドルになったようです。

そういう日本人がK-POPアイドルとしてデビューしたということは、印象深い出来事でした。

日本でE-girlsやAKB48 を目指さず、韓国でアイドルになることを目指したわけですからね。

K-POP人気の浸透ぶりを実感しました。

 

K-POPは確立されたエンターテイメントで、アジア圏でも大人気です。更にはアメリカ、ロシアなどの他国にもファンはいるようです。

海外進出を視野に入れているため、どの事務所も中国人、台湾人、タイ人とアジア圏から人材を集めて、アジア圏での人気の獲得に取り組んでいます。

その中でマーケットの一つである日本出身の日本人がデビューしたのは自然な時代の流れだったのかもしれません。

 

K-POPアイドルになるメリット

日本でアイドルにならずに、K-POPのアイドルになるメリットはなんでしょうか?

 

・アジア、さらには世界で活躍できる

・ダンス、歌に集中して活動できる(グラビアで水着は基本はない)

・大好きなK-POPの世界に入れる

・たくさんの事務所、グループがいる確立されたエンターテイメントの世界で戦える

・韓国で生活できる

・音楽番組にたくさん出演できる

 

日本でアイドル活動するのとは違う魅力がありそうです。

K-POPであれば国内にとどまらない人気があるので、早い段階で海外にもファンができそうですね。

 

音楽番組に限って言えば、韓国にはK-POPのアイドルが毎週出演する番組がたくさんありますね。

日本なら主要な音楽番組に出演できるのは知名度のあるグループだけです。

E-girls、AKB48、Perfume、ももクロ、ジャニーズ。など。

 

韓国ではK-POPアイドルという形が確立されているため、多くの事務所からたくさんのグループがデビューし、活動しています。

K-POPという括りでたくさんの番組に出演できるでしょうね。

sponsored link

 

前振りが長くなってしまいましたが、K-POPのアイドルになる方法について、「準備」、「事務所選び」、「事務所に入った後」編で分けてみました。

それではどうぞ。

 

1.準備

何事にもまずは準備が大切です。

オーディションが開催されるという情報をつかんだ時に、すぐに実力を発揮できるようにしておきたいですね。

 

1-1.歌やダンスの練習をする

まずは、「歌やダンスの練習」。

当然ですが、アイドルのオーディションを受ける時、フリーダンスを披露したり、歌を歌うことを要求されます。

 

SMエンターテイメントのオーディションはこんな感じでした。

◇Shinee テミン → フリーダンスを踊る 

 踊っていた周りの人よりずば抜けてうまかったですね。

 

少女時代 ソヒョン → 歌を歌う 

 ソヒョンはまだ子供だったからか?童謡を歌っていましたww

 歌う曲が何であれ、可能性を事務所に見抜かれれば合格となるようです。

 

ここぞというときに、普段の実力を出せるように日々練習に励む必要がありそうですね。

歌の練習なら、ボイトレ、ダンスならダンススクール。

 

ボイトレは「音楽教室シアーミュージック」がおすすめです。

こちらは全国にあります。マンツーマンレッスンがあるので初心者でも抵抗なく始められます。無料体験実施中です。

シアーミュージックの体験談はこちら

 

1-2.韓国語を練習する

韓国でアイドルになるために韓国語は必要ですね。

準備期間にも韓国語を練習して損をすることはないと思います。

 

ですが、事務所に入った後練習生の間に語学を学ぶ機会もあります。

事務所が専任の語学教師を呼んで教育するみたいです。(JYPなど)

 

自己紹介くらいは韓国語でできたほうがいいかもしれないですね。アピールになりそうです。

でもまずは、歌やダンスの練習を優先させたほうがよいかもしれません。

 

1-3.表情演技の練習をする

今までのK-POPアイドルのデビュー前の写真を見ると、全くあか抜けていない人も多くいますw

そういう人は事務所のスタイリングによって別人レベルに変身を遂げますね。

SMエンターテイメントは特にその傾向が強い気がします。。

スタイリストの腕が良いのでしょう。

 

なので、事務所に入る前は地味でも問題ないかもしれません。

それでもアピールできるに越したことはないので、鏡の前で現役のK-POPアイドルのように表情演技をしておくことをお勧めします。

多少容姿に自信がなくても合格する人はたくさんいます。

例えば一重まぶただったとしてもK-POPでは一重で人気のメンバーもたくさんいます。

関連→一重のK-POPアイドルまとめ。TWICEモモはアイプチ?

 

むしろ、自分をアピールできるように、

愛嬌や表情演技を磨きましょう。

 

1-4.スタイルを磨く

前述のようにデビュー前にそこまで垢ぬけている必要はないと思いますが、

体重管理は必要なようです。

 

Super Juniorのリョウクは高校生の頃、とても太っていました。

当時86キロだったそうです…

 

SMのオーディションを受けにいくと

「君は一体何キロあるんだ?まずは痩せてから来なさい!」

と言われたといいます。

 

それからは「絶対痩せてやる!」と決意し、断食やなわとびダイエットに励み極限まで体重を落としました。

痩せてからはこんな感じです。

30kgほど落としたそうです…

そしてオーディションに再チャレンジ、見事合格しデビューしました。

 

 

女性アイドルであればスタイル維持も重要です。

美脚のアイドルが多いですよね。

 

A pinkのウンジはダイエットで痩せて足も細くなりました。

美脚に関してはリンパマッサージなど、日頃のケアが大切ですね。

関連→K-POPアイドルみたいな美脚になりたい!ダイエット刺激画像

 

sponsored link

2.事務所に入る

練習を頑張って準備も大詰めになったら、次は入りたい事務所自分が合いそうな事務所を考えてみましょう。

K-POP界でアイドルとして順調に活動していくためには、事務所選びが大事です。

 

日本でもそうですが、事務所によって方針、アイドルに対する扱いが違います。

社風も違います。

三大事務所は、JYP エンターテイメントSMエンターテイメントYGエンターテイメント

所属アイドルはメインどころでいうと以下です。

JYP:Wonder Girls、2PM、2AM、 Miss A、 TWICE

SM:super junior、少女時代、f(x)、Shinee、EXO、Red Velvet

YG:BIG BANG、2NE1、BLACK PINK

 

SMエンターテイメントは外国人メンバーとのトラブルが多いですね。

主に中国人メンバーですが。労働条件の悪さ、マネージャーのアイドルに対する扱いが荒いという話でした。

 

Super Juniorのハンギョンは体調が悪いので病院で点滴を受けていたら、仕事があるということでマネージャーに点滴を引っこ抜かれて現場に連行されたとインタビューで語っていました。

こういう非人道的なことをされたこともあったのかもしれません。本人談なのではっきりはわかりませんが。

 

日本人の場合だと話が違うかもしれません。

中国人メンバーは韓国での活動で知名度をあげて、中国で活動することがゴールになっているみたいです。

中国ではK-POPで知名度を上げた後は、英雄扱いされていますからね。

 

日本人でもそういうことを狙えるかもしれないですが、すでに日本の芸能界は確立されているためそこまでメリットがない気がします。

 

そんなこんなで、ある程度自分がどの事務所が合いそうなのか考えることも大事です。

 

2-1.オーディションを受ける

オーディションの広告を見かけたら、応募してみましょう。

グローバルオーディションと称して、大手事務所は世界中でオーディションを開催しています。

主にSMエンタ、JYP、YGですね。 

 

それぞれの事務所の特徴があります。

SMエンターテイメントなら歌や、ダンスに少々自信がなくてもビジュアルに自信があれば合格するかもしれません。(もちろん、歌やダンスがハイレベルのメンバーもたくさんいますし、必要とされていると思います)

 

2017年にもSMエンターテイメントのオーディションが開催されます。

詳細→SMエンターテイメント。日本オーディション情報 2017

 

 

JYPは練習生がめちゃめちゃ多いですよね。

その中でデビューできるのは一握りですが、事務所を移籍し、デビューを果たしたメンバーも本当にたくさんいます。

IU、EXIDのハニ、4Minute ヒョナ、BEASTのヤン・ヨソプ、ソン・ドンウン、イ・ギグァン、ユン・ドゥジュン、SECRETのジウンがそうです。

 

 

事務所の方針として、社長のパク・ジニョンさんは、人間性を重視すると公言しています。 

 

TWICEの日本人メンバーもJYPからデビューしていますし、雇用条件、健康管理、モラルの面ではJYPが良いかもしれません。

 

こんな大手事務所に入れなくても、まだ可能性はあります。

小さな事務所、これから上がってきそうな事務所を狙えばよいのです。

I.O.Iには小さな事務所出身のメンバーも多くいます。それぞれの事務所を書いていますので参考にしてみてください。

関連記事→I.O.I解散で今後はどうなる?活動終了後のメンバー進路まとめ

ユジョン、ドヨンの事務所は今年オーディションを開催していて、来年ユジョン、ドヨンと同じグループでデビューできる可能性がありました。

 

ただ、事務所に入れても先輩グループがデビューしたばかりだったり、次は男女どちらのグループがデビューするタイミングか?など、状況を冷静に見たほうがよいですね。

年齢が高くして入った場合、デビューのタイミングに乗れない場合もあります。

2-2.スカウトを待つ

事務所は、スカウトも行っているみたいです。

TWICEもスカウトされたという話でした。

関連記事→TWICEの日本人メンバーは全員スカウトされた!場所はどこ?

 

スカウトされる場所は、韓国の繁華街や、ショッピングモールが多いみたいですね。

これは運命の出会いですから、中々自分ではコントロールできないかもしれません。

 

EXOのベッキョンは、歌手になりたくてオーディションを受けまくったものの、不合格ばかり。

歌手になることを諦め音楽大学への進学を目指します。

その試験会場で、校門の前で発声練習をしていたところをなぜかSMのスタッフにスカウトされました。

こんなことってあるんですね~ 不思議な縁ですね。

とりあえず音楽関係の場所をうろつくのもありかもしれません。

 

2-3.ネット上で自分を発信する

SNSを使って自分を発信する方法もあります。

TWICEモモは、動画サイトに姉と踊っている動画をアップして、JYPのスタッフに声をかけられたらしいです。

 

Girl’s Dayのユラは、オルチャン(セルカをアップするネットアイドル)として有名で、たまたまオルチャンのサイトを見た事務所の社長の目にとまり、スカウトされたそうです。

関連記事→ガールズデイ、ユラの性格は?オルチャン出身でナルシスト?整形?

 

どこにチャンスがあるかわからないものですね。

SNSを使っての発信は、一番自分で努力ができる部分ですね。

今の時代、チャンスを掴むために自分から発信していくことも重要なようです。

sponsored link

3.事務所に入った後

晴れて事務所に入った後もまだまだやることがありそうです。

まだ中学生であれば、韓国の学校への編入手続き。

高校生でも韓国の高校へ編入できる制度があるそうです。

 

保護者に反対される可能性もあります。

せっかくつかんだ夢なので、両親には応援してほしいですよね。

自分の熱意を伝える必要がありそうです。

 

 

そして韓国に渡った後はデビューを目指して、ダンスや歌の練習に励む日々になると思います。

厳しい練習を乗り越えてデビュー。

音楽番組に出て輝いている姿を、ファンの人や日本の両親に見せられたら喜びも一入ですね。

この記事を読んでいるあなたがK-POPアイドルになって活躍する日も遠くないかもしれません。

夢に向かって頑張る若者を応援したいなと思います!

 

<オーディション情報>

詳細→SMエンターテイメント。日本オーディション情報 2017

詳細→JYPのオーディション情報。TWICE事務所。デビューを目指す

Sponsored Link

« »

 - K-POP